読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんにんぐらし。

シングルマザーと中学生ふたりの毎日日記

aruの卒業式(1)

先日はaruがついに小学校を卒業しました。

卒業式前日には卒業アルバムをもらって、aruの6年間の作文を読み、うるうる、卒業式当日は、aruがみんなの前で将来の夢を大きな声で話すことが出来たことに、うるうる。

ふたり姉妹のうちは、aruの卒業で、わたしも小学生の母を卒業です。

頭にぐるぐると駆け巡ってくるのは、この6年間のこと。

neneの時は、長女なので卒業式さえもわたしにとって人生初の経験でドキドキ、そして感動。

次女のaruはどうかというと、彼女の特性もあって、また、ちょっと違った思いも湧き上がってきました。

 

入学前の就学相談

aruは5歳の時に、HFPDDとADHDの特性を小児科で指摘されていたので、普通級ではあるけれど、通級のある学校だったので、先生と相談しました。

彼女の場合、他害や多動はほとんどなかったのですが(彼女は多動のないADDに近かったです)保育園では一度も運動会に参加出来ず、緊張なのか、不安なのか、人前で固まってしまう、新しいことに直面するとフリーズしてしまう、偏食がひどいなどの問題があり、小学校での行事をやっていけるか、給食を食べていけるかということについて、担任予定の先生といろいろ話し合いました。

通級のある学校ということもあって、とても親身に話を聞いてくださって、aruの特性は頭に入れつつ、日々の生活を気をつけて見るとおっしゃってくれて、普通級でスタートでした。

 

優しい先生や友達に恵まれて、いろいろ入学前に心配していたことの多くは杞憂に終わり、むしろ、学校では何もかもを完璧に全力投球するというこだわりが出てきて、学校で疲れて帰ってきてから家で休むということもありました。

その特性についてはいずれ書こうと思っていますが、入学時から、親としては不安や心配もあり、本当にドキドキしながらの入学になりました。

 

新しい学校に転校

aruは3年生から、いろいろな理由があって、新しい市外に引っ越しての転校がありました。

わたしとしてはaruの特性を考えると環境を変えることは本意ではなかったのですが、パパや当時は同居していた母の提案で、そうせざるを得なくて、わたしに決定権はありませんでした。

しかし、新しい学校では、aruの特性についてあえて説明することはしませんでした。

というのは、前の学校で、運動会やとても苦手な学芸会を一応出来るようになっていたし、友達ともうまくやっていたし、勉強も出来ていたからです。

そうしてまた、新しい環境というaruにとっては厳しい環境になりましたが、これまた、とても優しく思いやりのある友達に恵まれて、あっという間に馴染むことが出来てホッとしたのを覚えています。

そして、新しい学校で4年間を過ごしました。

 

リレーの選手

うちの方では、運動会に足の速い子の選抜リレーのがあるのですが、aruは4年生から3年間、毎年選ばれて、一生懸命走りました。

これは、aruにとっては、とてもすごいことなのです。

スターターガンの音が苦手ということもあるし、大勢の観客がいる前で何かをすることはとても辛いことで、不安で、精神的に不安定になることもありました。

でも、3年間、しっかり頑張れた。

その成長は、足が速いことに対する嬉しさではなく、保育園自体に一度もかけっこの出来なかったaruが、人前で堂々と走れるようになったという大きな成長の一歩でした。

 

家ではおっちょこちょい

学校では優等生で通っているaruですが、家ではADD全開で、それが逆にわたしにとっては嬉しいことでした。

自分自身が、子どもの頃に、家庭でくつろぐことが出来なかったので、外でしっかりして、疲れて家でグダグダになるというのは、わたしにっては、すごく安心でした。

反対に、家でいい子を演じて、外でストレス発散をする方が辛いと思っていたので。

月に1回は食器を割り、手伝いをすれば失敗をし、人の足や頭に気付かず踏んでしまったりするaruですが、そんなaruのマイペースな日々を見ていると、やっぱり心は和んだものです。

学校で頑張っている分、家では休ませてあげたいと思っていたし、実際、友達は誘ってくれても週の半分くらいはお断りしてしまうこともありました。

今はだいぶ体力がついて、精神的にも安定しているので友達と遊ぶことも以前より増えましたが、aruには無理をさせないけれど、出来る限りは頑張るというラインが、見極めが難しかった記憶があります。

 

動物博士になる

aruは小さい頃から動物が好きでしたが、その好きな気持ちはとどまることを知らず、図鑑などでどんどん情報を吸収していき、女の子が好きな子の多い動物がだけでなく、爬虫類や両生類などのマイナーなものもよく知っていて、今はそれがきっかけで獣医になりたいと夢を持っています。

わたしは、図鑑は用意だけしておいて、あとは読みなさいとは言わなくても、自発的に読んでいたので、そういう時はそっと一人にしておきました。

おかげで今は本当に動物博士のよう。

友達もそれを知っているし、うちは賃貸で犬猫は飼えないけれど、ハムスターとウサギのおかげで、動物をかわいがるだけではなく、責任を持ってお世話をして育てるということを、今は日々学んでいます。

どんなことも、どんなに好きでもいいことばかりじゃないということは、わたしが育児の中で教えたいことの一つで、動物を育てたり飼うには責任を伴うということを体感して、経験して覚えて欲しいんです。

そんなaruは飼育係を学校でも頑張っていました。

 

ちょっと今日はここで終わります。

また、続きを書かせてくださいね。

なお、ブログランキングや読者登録のバナーがパソコンからしか貼ることが出来ないので、また、そのうちつけさせていただきますね。

忙しかった日々の中にも、書きたかったことは山ほどあるので、少しずつこうして書いていきたいと思います。

 

新しい自分になる

4月1日。

わたしにとって、今年の4月1日には、普段の年以上に大きな意味があります。

 

  • わたしがいろいろな気持ちを整理することができて、仕事などの生活の基盤も安定し、病状も安定して、新しい生活に馴染めたこと。
  • neneが中学校生活最終学年の3年生になり、高校受験に向けて受験生になったこと。
  • aruが小学校を卒業し、中学入学を迎えること。

 

そんなわけで、新しくブログを仕切り直してから、少し時間が経ちましたが、今日からブログを更新していこうと思います。

基本的に仕事が忙しい時期と、反対に余裕のある時期があるので、タイムラグが生じることもありますが、予約投稿を積極的に使って、ある程度コンスタントに更新出来るようになったらいいなと思います。

皆さんのブログも伺いたい気持ちでいっぱいですが、これも余裕の有無によって毎日というわけには行きませんが、わたしは読むこと、そこから新しい気付きや知見を得ることが大好きなので、たくさんの方のブログから、これからも学ばせていただけたらいいなと思ってます。

また、いろいろなわたしの要素と共通点のある方のお話を読んで、自分の中で大切に心に留めておきたいと思います。

よろしくお願いします。

 

以前は1記事に6000字程度書いていたけれど、時間の関係で1記事の文字数は少なくなり、その代わり、頻繁に更新していけたらいいなと思っていますので、ご了承ください。

 

円満離婚から決裂まで

わたしがブログを一度リセットさせていただいて、改めて自分と向き合いながらアウトプットしていこうと思ったのは、自分の中に大きな変化が起きたからでした。

わたしはシングルマザーとして2年目になりますが、離婚して1年間くらいは、パパのことをうまく自分の中で整理出来ていませんでした。

元々、わたしたちはお互いに病気や障害を抱えつつも、一応円満離婚ということで、離婚の条件や理由についてほとんどもめることがなく、お互いが納得して笑顔で離婚できました。

けれど、昨年の秋頃、わたしは持病で体調を崩して入院しなければならず、その際の子育ての仕方や生活について、決定的にお互いの価値観の違いを感じ、それが理由でひどく決裂することになりました。

当時はそれがとても辛いことのように思えましたが、今となってはその時が転機で、そこからわたしは急速にパパという存在からうまく離れることが出来るようになりました。

そして、その決裂があったからこそ、今の自分がいると感じています。

 

病気を3つ持っていても自分の足で歩きたい

わたしは、今度詳しく書きますが、病気を3つ持っています。

国の難病指定の特定疾患と、精神疾患と、心臓関連です。

19歳で、機能不全家族で育ったことにより精神疾患を発症し、その後は少しずつ、体の方に異常が起きるようになってしまいました。

でも、わたしは元々自立心のある学生だったこともあり、その性格は今でも変わらず、結婚していた時から、無理は出来なくても、自分で一生懸命、人生を歩きたいと思ってきました。

離婚するまでは、将来専門職に就くために大学に通っていました。

離婚して、金銭的な面から大学を続けることは難しく、諦めなければいけなくなりました。

でも、それでも病気に負けたくない。

そう思い続けて、パパとの関係が自分の中で吹っ切れたことをきっかけに、それまで10年以上磨いてきたスキルで仕事が出来るように動き始め、昨年末から自宅で働くことになりました。

これはわたしにとっては大きな変化でした。

得意なことを仕事に生かして収入を得るということも自信をつけるのに役立ちましたし、社会の歯車として働けるということがどんなに幸せかということにも気付かされました。

また、わたしの仕事を心から喜んでくれて、協力してくれる子どもたちがいることに、心から感謝でいっぱいです。

 

もちろん、病気や障害の程度によっては仕事が難しいこともありますし、闘病に専念した方が良い方もいらっしゃると思います。

仕事をすれば偉いとも思っていないし、病気を克服出来たわけではありません。

 

ただ、わたしは本来、病気になる前から、仕事や学業に一生懸命向き合う性質があり、人の役に立ちたい、人のために何かをしたいという気持ちが人一倍大きい性格でした。

その本来の性格が、戻ってきたのです。

決して大きな収入ではありません。

今も家計はギリギリで、これから子どもたちは二人とも中学生になり、同じ陸上をやるので、お金はやはりかかります。

でも、たとえ、それがほんの少しであっても、自分の脳と手を使ってお金を生み出すことが出来ること、その幸せを今はかみしめています。

 

そして、それは離婚をしなければ得ることが出来なかった、大事な大事な宝物です。

仕事をするには心身が安定していなければならず、わたしはパパと物理的にだけでなく、精神的に離れることで、無理して抑圧していた本来の自分を、やっと取り戻すことが出来たのです。

 

新しい自分になる

わたしは、今、自分が自分であるという自由を日々感じています。

わたしは優等生でもないし、真面目だけではないし、これだけはという頑固な信念を持ちつつ、それ以外のことは大雑把で無頓着なところもあります。

長所も短所もあります。

でも、そんな自分を好きだと感じることが、どんどん増えてきました。

自由という言葉で良いのか、分かりませんが、わたしはパートナーが軽度発達障害の場合に受けてしまいダメージをこれでもかと14年間、知らない間に感じ続けてきて、いわゆるカサンドラ症候群という概念に当てはまる状況になっていました。

パパと完全に離れることで、そのこんがらがった糸が解けて、ありのままのわたしに戻ったんだと思います。

パパとのことはこれから少しずつ書いていきますが、自由というものの幸せを感じる一方で、逆に当然自由と同時に発生する責任や義務というものも強く感じています。

でも、わたしはそんな今が好きです。

これが、新しい自分、19歳まで健康体だった時の自分に、更に歳を重ねるという経験を経て、自分らしく生きることの嬉しさを噛み締めています。

 

自分にも人にも優しく

わたしがこれから生きていく中で心がけたいことは、自分を追い込んだり追い詰めて責めないように、また、同時に周りの人たちへも同じように思っていきたい。

そんな風に感じています。

人生は一度しかなくて、時間は時に無情に過ぎ去っていくから、過去を変えることは出来ないけれど、未来は今日から、今この瞬間からでも作っていくことが出来ます。

人よりかなりいびつなかたちかもしれないけれど、わたしらしさをこの先積み上げていって、終わりよければすべてよし、というように、たった一回で絶対にリセットの効かない人生を満喫していきたいと思います。

自分を大切にすることは、周りの人を大切にすることに繋がる。

わたしは、これからパパという人の影響をうけず、本当になりたい自分になるチャンスを与えられたのだと思います。

子どもたちはわたしの生き様を見ていると常々感じています。

健康な人のようにはいかなくても、わたしという人間を親として見てもらい、子どもに恥ずかしくない人生を歩いていきたいと思っています。

 

スマホで打つのは3000字が精一杯でした(笑)

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

それでは、今日はここまで。

 

 

 

家族の紹介

 

f:id:miunenearu:20170308133802j:plain

 

このブログのタイトルは「さんにんぐらし。」

タイトル通り、わたしと娘二人と三人で暮らしています。

今日は、先に家族の紹介を書いておきます。

 

わたし(miu)

35歳

シングルマザー2年目。

仕事は百貨店や手芸店の編み物の販売作品やサンプルを製作すること。

1日8時間は自宅で仕事をしています。

国の特定疾患である潰瘍性大腸炎、冠攣縮性狭心症、CPTSD(=複雑性PTSD)及び双極性障害2型の持病持ち。

機能不全家族に育ち、性犯罪被害者でもある。

性格は一言ではなかなか表すことが難しいですが、生真面目時々自由奔放。

学生時代は「理想主義と現実主義を同時に併せ持っている」と言われていました。

人見知りに見えない人見知り。

平和主義で誰とでも仲良くなりたいと思う。

わたしについては、これから少しずつ詳しく書いていきます。

 

長女(nene

中学2年生。

昔から足が速く、中学生になって陸上部に入ったら、メキメキ上達して、今は100mと200mの専門のスプリンター。

自己ベストは100mは13秒前半、200mは27秒前半。

都立中高一貫校を受検したことがあり、勉強は出来る素質はあるのに、嫌いでやらない(笑)

高校は陸上の強いところに行きたいという希望があり、もうすぐ受験生になるので、目標に向かって、やっと勉強を始めました。

得意科目は数学と体育、苦手科目は英語。

将来の夢が特にないので、今は目の前の陸上に夢中です。

性格は論理的で物事を数値化するところがあり。

でも、融通が利かないわけではなく、友達からの人望も厚く、部長もしている。

割とサバサバした性格で、陸上以外は競争心のかけらもない。

飄々としていて、シニカルな一面も。

1言ったら10理解する子なので、いろいろ家で手伝ってくれたりすると、すごくわたしも助かっている。

 

次女(aru)

小学6年生。

5歳の時にHFPDD(=高機能広汎性発達障害)を指摘される。

本人のこだわりがいろいろあるけれど、家庭内での療育的働きかけで頑張れるとのアドバイスを受け、今はちょっと変わったみんなに愛される子という感じ。

動物が大好きで、哺乳類だけでなく、両生類や爬虫類までよく知っている。

将来の夢は獣医。

動物のことならaruに聞けば大抵のことはわかる(笑)

動物に限らず、小さな子ども、障害を持っている方、先生や友達、関わりあう人たち全てにあたたかい思いやりを持っている。

正義感は強く、若干融通が利かないところがあるけれど、学んだことはしっかり定着して、きちんと守る。

勉強は好きで、どの科目もまんべんなく出来るという感じ。

唯一の苦手は音楽。

誰とでも仲良く出来るという長所があるけれど、思春期女子特有のグループ化には馴染めないところも。

aruも足が速いので、来年度、中学生になったら、neneと同じ陸上部に入る予定。

自分より人を大事にするところがある。

 

f:id:miunenearu:20170308135652j:plain

 

ソラ

ジャンガリアンハムスターのイエロープディング、オス。

1歳4ヶ月前後。

とても手入れの行き届いているペットショップで購入し、性格は穏やかで人に噛み付いたことが一度もない。

人とたわむれることが好きで、洋服の中に入って眠っていることも多々あり(笑)

若干体重が増えて、動きはハムスターにしてはゆるやか。

ホワホワした子。

 

f:id:miunenearu:20170308135849j:plain

 

ココア

ジャンガリアンハムスター、ノーマル、オス。

ソラと同じく1歳4ヶ月前後。

劣悪なペットショップの環境で1匹だけ残されていて、aruと相談してうちで大切に育てようと、ソラを買って数ヶ月後に我が家に。

気性が荒く、最初は人間に慣れず、威嚇する、噛み付く、ケージの網をかじるなど、いろいろ大変だったのだけど、根気強くaruがお世話をしているうちに、だんだん穏やかになり、時々噛むことはあるけれど、今はようやく、手のひらに乗って餌を食べるようになった。

すばしっこく、機敏。

 

f:id:miunenearu:20170308140218j:plain

 

くるみ

ネザーランドドワーフ、オレンジ、メス。

現在4ヶ月前後。

うちに来た初日からヒーターの上で警戒することなく爆睡するという大物っぷり。

トイレのしつけも1日目からOK

普段はケージの中だけれど、朝と夜の30分の部屋のお散歩が大好き。

やんちゃで、ダッシュするわ、ジャンプするわと楽しそう。

まだ赤ちゃんなので、ペレットとチモシーがメインだけれど、たまのおやつが大好き。

6ヶ月過ぎたら、野菜や果物に挑戦予定。

最近、鼻でプウプウ鳴らすことを覚え、おやつがほしい時、お散歩が楽しい時、なでてほしい時にプウプウ言っている(笑)

なでられるのが好きで、なでていると寝てしまう。

ただし、活発すぎて、今のところ抱っこは全くさせてくれない(笑)

 

こんな感じで、三人+三匹で毎日を過ごしています。

まずは、これからブログで家族の話も出てくるので、紹介させてもらいました。

親子ともども、よろしくお願いします♪

 

番外編

 

元夫(パパ)

このブログでは離婚についても書くので、少しだけ。

わたしより8個上で、わたしの元上司。

発達障害支援センターでASDアスペルガー症候群)とADHD(注意欠陥多動症)を指摘され、病院を紹介されたものの、本人が自分もそうだと思うと納得し、治るものではないので病院には行かなくていいということで、そのままになった。

結婚生活は14年間。

ASDの孤立型に近く、人と比べることもなければ、周囲を気にすることもないので、異様に自己肯定力が高い。

超論理的で、すべてを数値化、パズルとして考える。

仕事は元夫の特性が偶然うまく合い、出世街道を歩んでいた。

現在は子どもに関する連絡事項以外は連絡をとっていない。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ

はじめましてと新しい気持ちのご挨拶

f:id:miunenearu:20170308000952p:plainf:id:miunenearu:20170308000959p:plainf:id:miunenearu:20170308001006p:plain

 

はじめましての方も

ずっと、ここを読んでくださっている方も

改めまして、来てくださって

本当にありがとうございます。

 

わたしは、昨年からこのブログを始め

いろいろなことを思いのままに

書き綴ってきました。

 

その間にはいろいろなことがあり

嬉しいことや楽しいこともあり

同時に、とても辛くて苦しいこともあり

わたしは赤裸々に語ってきました。

 

2017年を迎えて

新しい仕事を始めて

以前は毎日のように更新していたけれど

なかなか、忙しくて余裕がなく

更新ができなくなっていたところ

心に何かの変化が起き

強く、強く、アウトプットしたいという気持ちが

湧き上がってきました。

 

たくさんのコメントやスターをいただいたにもかかわらず

記事をいったん、すべて削除して

皆さんのご好意を無碍にしてしまったこと

心よりお詫び申し上げます。

そうした理由は、わたし自身の心の変化によるものです。

 

忙しさの中でままならなかったブログを

書きたいという強い欲求が起きるとともに

わたしという人間が、ここで急速に変化していることを

自分自身が強く感じるようになりました。

 

変化していくことも書き綴っていくべきかと

少しの間悩みましたが

この、新しい自分という手応えと

生きる目的と意味

そして、新しい自分を綴りたいという強い思いが

新しく、改めてブログを書いていこうと

決意させた次第です。

 

今まで書きたくても書けなかったこと

書くにはまだ早過ぎたこと

時期がきたのだ、と感じています。

今の日々のささやかな幸せを綴りながら

過去を振り返り

今まで生きてきた道

これから生きていく道

生きること

 

そんなことを綴っていけたらと思っています。

 

読者登録をたくさんしていただいて

心から感謝しています。

相変わらず仕事は立て込んでいますが

こうして欲求が生まれたことにより

1時間でもいいから

思いをアウトプットしたいということで

今後は、それなりのペースで更新するつもりでいます。

 

最初からお付き合いいただいてくださった方には

重複する内容も多々あるとは思いますが

 

「書く」「綴る」「感じる」「考える」

ということを

今まで以上に、よりいっそう大切に

このブログと向き合っていきたいと思います。

 

また、読んでくださった方に何かを感じていただけるような

そんな文章を残していけたらと思っています。

 

どうぞ、これからも、よろしくお願いいたします。

 

miu

 

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ